チェルムスフォードで TTC Language Servicesの新しいブランド名が公開

Hylands House は一風変わった販売促進イベントを開催しました。 TTC Language Servicesの新しいブランド『jolly』とは関係なく、 TTC wetranslate 社は参加者の涙を誘うストーリーとともに立ち上げられました。

 

TTCウエブ翻訳担当責任者のLevent Yildizgorenは次のように説明します。

「16年の月日を経て、我々はTTCをさらに強化するには今が最高の時期であると判断しました。ですが、押し寄せる翻訳技術の革新について話しているわけではありません」

約100のクライアント、供給業者、地元実業家、翻訳者、チームメンバーとともに、Leventはこの翻訳ビジネスのコアにある情熱のカーテンを引くチャンスを獲得しました。第二次世界大戦時の軍人であるCyril Tylerのストーリーを取り上げました。Tylerは必要不可欠な供給物を北海を通してロシアへ輸送する船団に加わっていました。

 

Tylerと彼の妻が今回のイベントに参加しました。

 

さらに、TTCウエブ翻訳と2つのチャリティ活動との関係が2つのビデオ映像で紹介されました。ハイチ地震と他の人道イベントにおいてDoctors without Bordersに翻訳者を派遣した世界的なTranslators without Bordersは、患者が診断書や医師の説明を理解できるようにするために翻訳によるサポートを行いました。また、Translators without Borders はウィキペディアの医療関連ページを翻訳するという仕事も果たしています。

 

TTCウエブサイトはChelmsford City Mencapもサポートしており、YouTubeへの動画や画像などのアップロードを支援しています。また、TTCチームはChelmsford Mencap Membersとともに2日を過ごし、1日目では地中海料理、2に目にはダンスを披露しました。ビデオ映像は、コミュニティに参加してすばらしい時間を持つことがとっても面白いことを示しました。

 

最後のフィルムでは、TTC翻訳チームとその姉妹会社(sister company )『Lumbooja』がChelmsford High Street で1日を過ごし、異なる言語を話す人々がHelloをどのように使っているかについて話し合っているところを映していました。

 

イベントではYair と Jenniferによる美しいライブミュージックが流れ、パーティの出席者はプライベート・コンサートを楽しんでいました。新しいブランド名を公開したCllr Trevor Millerや Maureen Miller なども楽しんでいました。