読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Welocalize社がtcworld会議で「用語翻訳を効率的にクラウドソースする方法」を提示

 

翻訳とローカライゼーションの世界的リーダーであるWelocalizeは、ドイツのウィースバーデン(Wiesbaden)で開催された tekom and tcworld 年次会議(annual conference)で講演を行いました。 tcworld 会議とtekomフェアは、テクニカル・コミュニケーションの国際的なイベントです。

 

WelocalizeのChristian Zeh と Lena Margは11月7日午後12時15分「Teaminology-A NewCrowdsourcing Application for Collaborative Term and Translation Governance」という論文を発表しました。
 
この論文は、グローバル企業が多言語にまたがる専門用語を規定する上で、Welcalizeのクラウドをどのように活用できるのかについて説明するものです。専門用語翻訳ツールであるWelocalize's Teaminologyを使用することにより、企業は共通用語のリストを作成し、信頼できる翻訳会社にそれを送信できるようになります。そして翻訳会社はそのリストをもとに新しい訳語を提案します。この翻訳ツールを用いれば、クラウドの認定方法に基づいて使用用語を容易に選定することが可能です。

 

Welcalizeは実際の事例調査データやサンプルを企業に提示することにより、クラウドソーシング(crowdsourcing)を使用してグローバル製品マニュアル用の一般用語辞書を作る上でWelocalize Teaminology がどれ程役に立つのかを説明しています。

 

企業がブランド価値を高めたり維持したりする上で、同ツールは必須のものになるかもしれません。クラウドソーシングはローカライゼーションと翻訳でその使用が増えています。国際市場では標準用語とメッセージ、ブランド価値などを適切に示し続けることが重要になるので、このツールの活躍範囲は相当なものになるかもしれません。

 

Welcalizeについて

 

1997年設立の同社は、120言語以上を対象に世界中の人々に画期的な翻訳サービスとローカライゼーション・ソリューションを提供しています。主なサービスは、グローバル・ローカライゼーション管理、翻訳、チェーン・マネジメント供給、人材派遣、MTなどの自動ツール提供、翻訳管理技術の提供などです。世界中に660名以上の従業員を抱えており、米国、イギリス、ドイツ、アイルランド、日本、中国に事務所を構えています。