HARMONIC ACEレジスタードマーク+ 7 : 7mmの血管を閉鎖できる初の超音波装置

EthiconはAdvanced Hemostasis Breakthrough技術導入のHARMONIC ACE+ 7 Shears で510(k)クリアランスを取得しました。これはHARMONICの正確性と多機能性(multi-functionality)を維持しながら超音波エネルギーで血管を閉鎖するためのものです。

Ethicon Endo-Surgeryは本日、超音波エネルギーの境界を改善することにより、 HARMONIC ACE+ 7 Shears with Advanced Hemostasis (HARMONIC ACE +7) のFDA510(k) clearance を取得したと発表しました。 HARMONIC ACE+ 7は、7mm以下の血管を閉鎖する初の超音波手術器であり、 HARMONICの正確性と多機能性を維持しながら使用可能です。

「Ethicon社は超音波エネルギーとバイポーラエネルギーの両分野で最先端を走り続けます」

HARMONIC ACE+ 7はHARMONIC技術の進化を示しています。同機器は独自のAdaptive Tissue Technologyを活用しているため、変化する組織状態を感知して適応し、エネルギーを供給して正確性の向上を達成します。

テキサス州ヒューストンのColorectal Surgical Associatesに所属する腹腔鏡結腸手術医Bartley Pickronは次のように述べています。
「HARMONICを使うと正確に切開できるようになります。しかし、大きな血管を閉鎖する場合にはバイポーラエネルギー装置を使います。 HARMONIC ACE+ 7では7mmの血管を閉鎖できるので、腹腔鏡手術では最適なツールです。今までは組織切開でHARMONIC ACEを使用し、大きな血管茎(vascular pedicle)の閉鎖でステープラーやクリップを用いていました。 HARMONIC ACE+7では術中の器具交換を必要としないので手術の効率性がアップします。さらに、複数の手術器具を使用しなくて済むことから、コスト削減にもつながります」

HARMONIC ACE+ 7は、経腸直腸科(Colorectal)、肥満治療科(Bariatric)、婦人科(Gynecology)、胸部外科(Thoracic)や泌尿器科(Urology)などの多くの手術で使用できるよう設計されているため、これを用いた執刀医はさまざまな処置を高い正確性でこなせるようになります。HARMONIC ACE+ 7は、切開やモビリゼーション、大きな血管の閉鎖を必要とする場合に最適です。

Ethicon社Energy Global Strategic Marketing部の Tom O’Brienは、「 最近のENSEAL G2 Articulating組織シーラー導入と、HARMONIC ACE+ 7の(k) clearanceは、各患者のニーズを満たすために医師が最善を尽くせるようにするため、さらに手術アウトカムを改善させるために、意義のある革新的な方法を開発しようという我々の努力の成果です。」と話しています。