肝動脈塞栓療法:transcatheter arterial embolization (TAE)

 

 TAEは肝組織と非癌肝組織の栄養血管の相違に基づいて,肝細胞癌の栄養血管に経カテーテル的に米栓物質を注入し,肝細胞癌を阻血壊死に至らしめる治療法である.適応は極めて広く,非癌肝組織に門脈血流が保たれている症例はすべて施行可能である.ただし肝予備能が高度に低下した例,門脈本幹,あるいは1次分枝に腫瘍塞栓がある症例では術後重篤な肝不全を惹起する可能性が大きいため禁忌である.

 

 実際の手技としては造影剤に溶解した抗癌剤とリピオドールの混合液を肝細胞癌を栄養する動脈枝に注入後,ゼラチンスポンジにより零栓するリピオドールCTが主流となっており,良好な成績が示されている.

 

 TAEの効果としては被膜を有し腫瘍血管に富む結節型の腫瘤に対しては塞栓効果が強く,完全壊死が期待できるが,被膜内外の浸潤巣や肝内転移巣に対してはその効果は低く臨床上間題となる.また他の問題点として高分化型肝細胞癌のごとくvascularityの乏しい腫瘤においては壊死効果は必ずしも十分ではなく,また繰り返すTAEによる肝障害の進行もみられ,長期予後は必ずしも良好ではなかった.これらの間題点を解決すべく近年マイクロカテーテルの導入により担癌亜区域枝より末梢レベルでの塞栓術(亜区域塞栓術:subseg-mental TAE)が開発,施行されるようになり,われわれの施設においても良好な成績が得られていが).