読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

HGV遺伝子と病態

肝組織所見からみた慢性肝炎の活動性はC型肝炎単独例とC型,G型肝炎合併とに差はみられなかったが,G型肝炎単独例では活動性が低い.

 

 HGV RNA量を,B型とG型肝炎合併例,C型とG型肝炎合併例,G型肝炎単独例の3群で比較したが相違は認められなかった.また,C型/G型同時感染慢性肝炎例とG型単独慢性肝炎例の2群間でHCV RNA量を比較したが相違は認められなかったJ8).これらのことより, HGV感染はC型慢性肝炎の症状を修飾しているとは考えられなかった.

 

HGVは病原性の弱い肝炎ウイルスであり,G型肝炎はmildな肝炎との印象が強いが,重症,劇症肝炎の原因になりうるとの報告もある. RNAウイルスはミューテーションを起こしやすいことが知られているが,変異したウイルスが強い病原性を発揮していることも考えられる. Her-inglakeら7)によれば,ドイツ人劇症肝炎の22人中11人(50%)にHGVRNAが検出され,その核酸配列をみたところ11例全例に同じ部位6ヵ所に変異がみられたという.この変異は対象の供血者のHGV RNAにはみつかっていない.6個の塩基置換のうち4個はアミノ酸置換には関係なく(position21 : C/T to G, position 63 ; C/T to A, position 87 : C/T to G, position93:G to A)いが,他の2個は, position 100 でG→T, position 102でT→Cであり, position 101の塩基を併せるとアラニン→セリンヘとアミノ酸の置換が生じている.この変異が直接肝炎の劇症化と関係しているかは不明であるが,劇症肝炎発症機序を考える上で興味ある報告である.

 

治療

 

 G型単独肝炎の治療は経過が穏やかであり,また肝硬変や肝癌との因果関係も薄いことから積極的な治療は必要ないように思われる.重症化の場合が問題となるが,実際の抗ウイルス療法の報告ない. HGV RNAに対するインターフェロン治療効果は,C型慢性肝炎にG型肝炎が合併した症例でレトロスペクティブに解析できた.@3に教室の成績を示した18)インターフェロン治療により療法はHGV RNAが消失したのは9例中2例(22%)のみである.この2例はHCV RNAは残存しておりALTは異常値が持続している. HGV

RNAは残存した7例中3例(43%)はHCV RNAが消失し,ALTは正常化している.すなわちHGV RNAカミ残存しても肝炎には影響を及ぼしてはいない.しかしながら,ウイルス学的にはIIGVはインターフェロンに対しては抵抗性が強いことが分かる.

 

 HGVは,ウイルスの分類上ではC型肝炎ウイルス(IICV)と同じくフラビウイルス科に属するが, HGV遺伝子構造には不思議な点がある.構造蛋白の一番N末端側にあるはずのコア蛋白が欠損していることである.HGV遺伝子にもHCVと同じに2種類のエンペロープ蛋白(El, E2)がコードされているので, HGVがエンベロープを持つウイルスであることは想像できる.しかし,コア蛋白がなく膜蛋白のみが直接RNAをウイルス形態が存在するかは疑間である.このようなウイルス側の因子が病態にどのように関与しているかは興昧が持たれるが何も解明されていない.また, HGVにはいくつかの遺伝子型が存在することが明らかとなっている.大きく1, 2, 3型に分かれ,その主な分有から1型をアフリカ型,2型を欧米型,3型をアジア型と呼称されているが,遺伝子型と病態との関係も不明である.また,HGV遺伝子変異と肝炎の重症化との因果関係も今後解明されなければならない.最も関心があるのはHGVははたして肝炎ウイルスたり得るかという間題である.このウイルスが肝臓内で増殖しているかはいまだ証明されていない.むしろ否定的な報告がある.

 

G型肝炎

 

 G型肝炎の臨床,特に病態と治療について概説した.G型肝炎には, mildとsevereという相反する2つのレッテルが貼られている,については,肝臓ではないという報告がある20).その意味ではHGVは肝炎ウイルスではないことになる.しかし反面HGV感染により肝障害が起こることも事実である.HGVの増殖場所はどこか, HGVの肝細胞障害機序はどうなっているか,が判明すればHGVが真の肝炎ウイルスであるかが判明する.今後の研究が待たれるところである.

 

文  献

 1) Simons JN, Leary TP, Dawson GJ et a1 : Isolation of novel virus-like

  sequences associated with human hepatitis. Nature Med ↓:564-569,

  1995

 2) Leary TP, Muerhoff AS, Simonds JN et al : Sequence and genomic or-

  ganization of GBV-C; A novel member of the flaviviridae associated

  with human non一人-E hepatitis. J Med Virol 48 : 60-67, 1996

 3) Linnen J, Wages Jr J, Zhang-Keck ZY et al : Molecular cloning and

  disease association of hepatitis G virus; A transfusion-transmissible

  agent. Science 271 : 505-508, 1996

 4) Alter HJ, Nakatsuji Y, Melpo!der J et al : The incidence of transfu-

  sion-associated hepatitis G virus infection and its relation to liver dis-

  ease. N Engl J Med 336 : 747-754, 1997

 5) Alter MJ, Gallagher M, Morris TT et al : Acute non-A―E hepatitis in

  the United States and the role of hepatitis G virus infection. N Engl J

  Med 336 : 741-746, 1997

 6) Yoshiba M, Okamoto H, Mishiro S : Detection of the GBV-C hepatitis

  virus genome in serum from patients with fulminant hepatitis of un-

  known aetiology. Lancet 346 : 1131-1132, 1995

 7) Heringlake S, Osterkamp S, Trautwein C et al : Association between

  fulminant hepatic failure and a strain of GBV virus C. Lancet 348 :

  1626-1629, 1996

 8) Nakatsuji Y, Shih JWK, Tanaka E et al : Prevalence and disease asso-

  ciation of hepatitis G virus infection in Japan. J Viral Hepatitis 3 :

  307-316, 1996

 9) Fiordalisi G, Zanellal, Mantero G et al : High prevalence of GB virus

  C infectioりin a group of Italian patients with hepatitis of unknown eti-

                   4.G型肝炎                99

 

  ology. J Infect Dis 174 : 18卜183, 1996

10) Toshiba M, Inoue K, Sekiyama K : Hepatitis GB virus C. N Engl J

  Med 335 : 1392」393, 1996

m Panda SK, Panigrai AK, Dasarathy S : Hepatitis G virus in India.

  Lancet 348 : 1319, 1996

12) Tameda Y, Kosaka Y, Tagawa S et al : Infection with GB virus C

  (GBV-C) in patients with fulminant hepatitis. J Hepatal 25 : 842-847,

  亅996

13) Kuroki T, Nishiguchi S, Tanaka M et al : Does GBV-C cause fulmi-

  nant hepatitis in J apan? Lancet 347 : 908, 1996

14) Sallie R, Shaw J, Mutimer D : GBV-C virus and fulminant hepatic

  failure. Lancet 347 : 1552, 1996

15) Wang JT, Tsai FC, Lee cz et al : A prospective study of transfu-

  sion-transmitted GB virus C infection: Similar frequency but different

  clinical presentation ompared with hepatitis C virus. Blood 88 : 1881-

  1886, 1996

16) Hwang SJ, Lu RH, Chan CY et al : The role of hepatitis G virus infec-

  tion in patients with acute posttransfusion hepatitis in Taiwan. Gas-

  troenterology 112 : 1260-1264, 1997

17) Tacke M, Kiyosawa K, Ofenloch-Haehle B et al : Detection of antibod-

  les to a putative hepatitis G virus envelope protein. Lancet 349 : 318-320,

  1997

18) Tanaka E, Yamaguchi K, Uemura K et al : Hepatitis G virus/GB

  virus C infection in patients with chronic non-B, non-C hepatitis. In

  tern Hepatol Commun 6 : 137-143, 1997

19) Tanaka E, Alter HJ, Nakatsuji Y et al : Effect of hepatitis G virus

  co-infection on patients with chronic hepatitis C. Ann Int Med 125 :

  740-743, 1996

20) Laskus T, Radkowski M, Wang LF et al : Lack of evidence for hepati-

  tis G virus replication in the 】lvers of patients coinfected with hepatitis

  C and G viruses. J Virol 71 : 7804-7806, 1997