読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

環境浄化

 

 今後30年間にアメリカ政府は環境汚染の発生した場所の浄化に7500億ドルを使うだろうと推定されている。しかし、ナノ粒子は有害な化学物質と反応して中和し、この総額を減らす潜在的な力を備えている。たとえば、99・9%の鉄と0・1%のパラジウムからなるナノ粒子が、ポンプで地下水に送り込まれ発ガン性の溶液(たとえば、ドライクリーニング業界で使用されているもの)を除去して、水と土の両方を浄化できる。

 

 ニュージャージーにあるトレーン社は、試験井戸でナノ粒子の試験を行い、水中に含まれている有毒化学物質を96%も減らすことができることを発見した。会社が以前に達成できた最高値は、25%の減少であった。これらナノ粒子が法的な許可を得られれば、きれいな水の利用および供給が改善され、高価な水処理および水精製のプラントの必要性は減少するだろう。これは世界的な、とくに多くの病気が水を通して感染し水の浄化コストの高い開発途上国ではインパクトになるだろう。

 

 新しいナノ粒子は流出した殺虫剤やおよびその他の農業化学物質を中和するのに役立つかもしれない。これも世界的なインパクトになるだろう。メキシコ湾に存在する魚が生存できない大きな万死の海域〃で発見された農薬が、ミシシッピー用のはるか上流のミネソタの農場から来たと考えると、これらのナノ粒子が幼い子供が泳げるくらいに水をきれいにするだけでなく、ルイジアナの小エビがついには岸近くまで帰ってくることまでも可能にする。

 

 大学の研究者も、シアン化合物を解毒するナノ粒子の試験をして成功した。このことは、他のナノ粒子も同じように他の致命的な化合物や物質に効果があるかもしれないことを示唆している。ナノ粒子は水をより安全にするだけではなく、水を安全に保つかもしれない。すなわち、この技術は、最終的には、バイオテロリストの給水汚染を無力化するかもしれない。

 

 この技術はまた汚染浄化の経費を減らすことができる。会社の莫大な浄化出費に加えて、健康管理責任も軽減されるので、法的な経費を減らすことができる。地下水や環境浄化問題を取り扱

 

 

 

 

 

 

 

 20世紀の後半に製造された自動車が故障したので、19世紀末の修理工に見せたと想像してみよう。ボンネットを開けてみれば、内部燃焼機関がどのような概念に基づいて動作しているか把握できるかもしれない。また、大雑把な修理をして車を動かすこともできるかもしれない。しかし、車の機構とその構巧な道具の要件を完全には理解できないので、彼は能力を十分に発揮できないだろう。