読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ナノ材料の創造

 

 サイズと組成に関してユニークな特性を利用するのに加えて、科学者たちは既存の材料にナノ粒子を加えることや新しい材料に変えることを行っている。その結果としてナノテクはいまや材料科学の広大な世界の中に浸透しつつある。

 

 まず衣料品工業が、改革される最初のものになるだろう。バーリントンインダストリーズ

社の一部門であるナノテックス社は、リー・ジーンズ社とエディー・バウアー社に、新しい一連の汚れに強いジーンズと軍服をナノ材料で製造することを援助した。織物から突き出したナノサイズのウィスカー(ひげ状の結晶)によって、どんな汚れも生地に損傷を与えることなく容易にふき取れるようにする。このナノ材料は40億ドルの軍服市場と50億ドルのジーンズ市場にインパクトを与えたが、ナノ材料が今後あらゆる種類の衣料品に普及するにつれて、洗剤メーカー、ドライクリーニング店、コインランドリーは市場を失うことになるかもしれない。

 

 これらの材料の影響は、現在は衣料品市場に向かっているが、この分野にとどまるものではない。カーペット、家具、カーテンを含む多数の材料をナノ粒子で製造することができる。こういった材料が磨耗や引裂に耐えることができ、汚れにも強いとなると、多くの製品がそこで酷使や誤用を受けている920億ドル市場の病院やレストラン業界にとって、著しい経費節減の可能性が生まれる。それに加えて、力1ペット、寝具、家具、カーテン、さらにクリーニング用材料やサービスを病院に提供している業界は、そのビジネスを失う危険性すらある。

 

 すでにナノテクノロジーの影響をこうむっているもう一つの業界は、米国で3千億ドル規模のプラスチック産業である。アムコール社の子会社であるナノコール (Nanocor)社は、汎用のプラスチック製品に糖々の用途がある、ナノ粘土とナノ複合材料を現在製造している。