腸管免疫系について

 

 さて、腸管免疫系ですが、腸管内のGALT(Gut Associated )腸関連リンバ組織)が担い、バイエル板や粘膜固有層、腸管上皮層リンパ球が中心的に働きます。 イエル板は腸管独特のリンパ節であり、腸管免疫の中心的な存在です。そのしくみは簡単にまとめると、次のようになります。

 

①    バイエル板の上層でさまざまな侵入物を取り込む

 

②下層に位置する抗原提示細胞のマクロフアージや樹状細胞に引き渡す。ここで、侵入物

についての情報を収集する

 

②    情報を受けて、ヘルパーT細胞が活性化され、産生細胞へと分化・誘導する

 

④IgA産生細胞は腸管膜リンパ節、胸管、全身循環系を経て、バイエル板近辺の粘膜固有層に再び戻り、IgAを分泌する

 

 ということになります。

 

 IgAは、腸粘膜局所で侵入微生物などと特異的に結合し、これを中和・不活性化し、微生物による感染などを阻止します。

 

 異物が体内に侵入することで、バイエル板で免疫系が働くと同時に、生理活性物質のサイトカインがリンパ液中に放出されますから、サイトカインによって全身の免疫系が活性 化されることにもなります。

 

 腸管の粘膜固有層には、ヘルパーT細胞など免疫細胞がストックされています。

 

 なお、腸管上皮内に存在するリンパ球(T細胞)は、腸を通過する栄養成分によって活性化され、ガン細胞をはじめ異物排除に当たるとともに、抗原に応じて全身の免疫系をコントロールする作用を持つものと推察されています。

 

 さらに、見逃してはならないのが、腸管にあるおびただしい数の絨毛です。その表面積は約400㎡に及び、テニスコート2面分の広さに相当します。ひとつひとつの絨毛にリンパ管が通り、マクロファージやT細胞、B細胞が存在することが認められます。