読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

液性免疫

 

 体内に抗原(細菌など)が侵入してきた時に、抗体をつくり、抗原・抗体反応により異物を処理する防御システムです。

 

 抗体とは、抗原に取りついて、その働きを抑えたり、排除する作用を持ったタンパク分子のことです。例えば、バクテリアが体の中に入ってきたら、その抗原に適した抗体を産生し、この抗体によって、バクテリアを排除するというわけです。ところで、抗体はどのようにつくられるのでしょうか。

 

 簡単にいうと、

 

①まずマクロフアージなどの抗原提示細胞が、体内に入った細菌などの侵入物の情報を収集し、T細胞にその情報を送る

②T細胞は送られてきた情報に基づき、抗体を産生すべきかどうか判断する

③T細胞は抗体産生を決定すると、その指令をB細胞に送る

④B細胞に、それぞれの抗原に合った抗体(各種の免疫グロブリン)を産生させる

①    細胞性免疫

②     ウイルスなどに感染した細胞に取りついて、細胞全体を殺瘍するのが、この細胞性免疫です。

 

 例えば、ウイルスの場合。ウイルスは厄介な微生物で、細胞膜を持たないために、独自で分裂・増殖ができず、単独では生きていくことができません。それで、私たちの体内に入るや、宿主にする細胞を必要とします。その宿主の遺伝子DNAやRNA)にウイルス自身の成分を打ち込み、自分を紛れ込ませます。その結果、宿主の細胞が分裂・増殖するのに伴い、ウイスルもどんどん分裂・増殖していき、そのまま放置すれば、体に異変をもたらします。

 

 ですから、こうした侵入物に対してはすばやく、宿主にされた細胞全体を殺傷しなくてはならないのです。

 

 この殺傷を担当するのは、その名もおどろおどろしい「殺し屋」のキラーT細胞やNK(ナチュラルキラ古細胞などです。

 

 ただし、この免疫系は万全とはいえず、エイズウイルスなどには対抗しきれず、エイズを発症させてしまうことになります。エイズウイルスは免疫系のT細胞を破壊するため、防御システムが働かなくなることで、お子上げになってしまうのです。

 

 こうした免疫系で活躍する細胞は、主に白血球系の細胞で、リンパ球と単球(血中から組織に入るとマクロファージに変身する)、そして顆粒球の好中球、好酸球、好塩基球があります。これらの細胞はすべて、骨髄の中にある造血幹細胞から分化したものです。

 

 マクロファージには、抗原を貪食する作用のほかに、抗原を分解して、抗原に関する情報をT細胞に伝える抗原提示細胞としての働きや、抗体が抗原を処理した後の掃除役としての働きのあることがわかっています。

 

 好中球、好酸球にも、異物を貪食して殺す働きが認められています。

 

 リンパ球系の幹細胞のうち、胸腺に移動したものはその中でT細胞、NK細胞(顆粒リンパ球)に変化し、細胞はさらに、ヘルパーT細胞、キラーT細胞、サプレッサーT細胞などに分化していきます。

●NK細胞・:細菌やガン細胞、ウイルス感染細胞を攻撃・殺瘍する

●ヘルパーT細胞・:免疫系を活性化する/表面にCD4抗原を持つ

●キラーT細胞・:ウイルス感染細胞やガン細胞などを攻撃・殺瘍する/CD3抗原を持つ

●サプレッサーT細胞・:免疫系の働きを抑える/表面にCD8抗原を持つ

 

 一方、胸腺に移動しなかったものはB細胞に変化します。このB細胞にも抗体を産み出すほかに、抗原提示細胞としての働きがあります。