読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

外敵から体を守る免疫のしくみ

 

「腸肝免疫」について述べる前に、全般的な「免疫」のしくみを説明しておきたいと思います。

 

 私たちの体は、体外から侵入した病原菌やウイルスなど、また体内に発生したガン細胞など、体に害を与える異物に対抗する手段として、免疫という生体防御機構を備えています。

 

 なお、これらの体に害を与える異物を抗原といいます。

 

 免疫には自然免疫系と、獲得免疫系があります。通常、自然免疫系(常設の一般防衛部隊)が働いていて、これで防御しきれないと獲得免疫系(非常時の高等防衛部隊)が登場するという二重の構えになっています。

 

 自然免疫系(常設の一般防衛部隊)で働く免疫細胞のメンバーは、好中球やマクロファージ(貪食細胞)、NK細胞などです。

 

 例えば、外傷をおって、傷口から細菌などの異物が入り込んだ時、宣言先に駆けつけるのが、好中球です。好中球は、自分自身の細胞内に異物を取り込み、毒物(活性酸素)を振りかけ逃げられないようにして消化します。好中球は1個につき数す個の細菌を食い潰すと死んでしまう決死隊なのですが、この死骸の積み重なったものが「膿」というわけです。なお、好中球は比較的小さな異物しか食べられず、それより大吉な異物に対しては、マクロフアージが自分の体内に取り込んで処理します。

 

 マクロフアージは1個につき100~1000個の細菌を殺すといわれます。それと同時に、非常に大切な働きとして、異物に関する情報を獲得免疫系(非常時の高等防衛部隊)に伝える抗原提示細胞としての働きがあります。一方、NK細胞は細菌やウイルスに感染した細胞を攻撃し殺瘍します。ガン細胞の発生の早い時期に感知して、破壊することでも知られます。

 

 一方、獲得免疫系(緊急の高等防衛部隊)には、異物を攻撃する方法の違いから、①液性免疫と②細胞性免疫のふたつがあります。