アトピー性皮膚炎を徹底解説

 アトピー性皮膚炎は、強い痒みを特徴とする慢性炎症性皮膚疾患である。その成因については、アレルギー的機序の関係した側面と非アレルギーの側面とがある。

〔1〕アレルギー的機序

1)アレルゲン(アレルギーを起こす物質〔抗原〕)

A。アレルゲンの皮膚からの侵入

 a) IgEを産生させる

  皮膚から侵入したアレルゲンは、ラングルハンス細胞(抗原提示細胞)に処理され、リンパ球のT細胞に受け渡される。こうして活性化されたT細胞はIL 4を分泌し、リンパ球のB細胞にアレルゲン特異的lgE抗体をつくらせる。この特異的lgE抗体は肥満細胞の表面に結合する。

 b)肥満細胞にケミカルメディエーターやサイトカインを産生させ、炎症を起こす

  アレルゲンが肥満細胞表面上の特異的lgE抗体に結合すると、ヒスタミンやロイコトルエンなどのケミカルメディエークーとサイトカインが肥満細胞から放出される。ヒスタミンは痒みの原因物質のひとつである。サイトカインは、近くの血管壁にVCAM-1やELAMなどの接着分子を発現させ、好酸球とT細胞をアレルゲンの侵入箇所に集める。


B。アレルゲンの消化管からの侵入(食物)

  卵白やミルクアレルゲンは、消化管近くのリンパ節のT細胞にホーミングリセプター(CLA)を発現させる。このCLA陽性のT細胞(CLA'T細胞)は、血流にのって皮膚血管にもやってくる。 CLAは接着分子のELAMと結合するので、このT細胞はELAMが発現した局所に集まってくる。

2)掻破

 アトピー性皮膚炎は強い痒みが特徴で、そのために頻繁に掻破する。掻破は、皮膚を物理的に傷つけるということだけでなく、皮膚の細胞から種々のサイトカインを放出させ、そのサイトカインは近くの血管に接着分子を発現させる。

3)感染

 皮膚表面の真菌や細菌の関与が考えられる。特に、黄色ブドウ球菌の出す毒素(トキシン)にはスーパー抗原としての働きかおり、そのため普通のアレルゲンの数百倍も多くのT細胞を活性化する。

 これらの1)、 2)、 3)の刺激により、皮膚局所に好酸球やT細胞が集積し、アトピー性皮膚炎の病変を起こしてゆく。


非アレルギー的機序

 皮膚の構成成分であるセラミド(脂質)の不足による①乾燥肌(痒みを感じやすい)と②皮膚バリアー機能低下(アレルゲンが侵入しやすい、感染が起こりやすい)がある。また、一般的に③庠みに対する闕値が低い(痒みを感じやすい)ようである。増悪因子には、皮膚の汚れ、入浴しない、石鹸を適切に使わない、温度、湿度、疲労、ストレスなどかおる。


1……診断

 典型的なアトピー性皮膚炎では診断は容易であるが、以下の事項を参考にする。鑑別すべきものとして、接触性皮膚炎、乳児湿疹、真菌性皮膚炎、伝染性膿疱疹がある。

 ①強い痒み
 ②特徴的な皮疹とその分布
 ③アレルギー疾患の家族歴
 ④高lgE血症、 RAST値高値、アレルゲンブリックテスト陽性


2……治療

1)スキンケア

 ①皮膚の清潔保持。洗浄や消毒が必要になる場合もある。
 ②掻破予防(つめを切るなど)。
 ③熱いお湯のお風呂(シャワー)は避ける。
 ④皮膚をごしごしこすらない。
 ⑤衣類は木綿がよい。
 ⑥洗濯ではすすぎを充分にして、洗剤が衣類に残らないようにする。
 ⑦患児に合った保湿剤の使用。
 ⑧必要時には、非ステロイド系抗炎症剤や副腎皮質ステロイド剤の外用塗布を行う。


2)アレルギー対策

 ①アレルゲンの検索:ダニ、ハウスダストがアレルゲンの場合は、環境整備。除去可能なものは避ける。20%位の症例に食物アレルギーが関与していると考えられている。
 ②内服薬として、抗アレルギー剤や抗ヒスタミン剤がある。


3……合併症


1)皮膚

 皮膚の合併症は、アトピー性皮膚炎の特徴であるバリアー機能が悪いということと、頻繁に掻き破るということから起こる。

 ①伝染性膿疱疹(とびひ):黄色ブドウ球菌の出すETA、 ETBという毒素で起こる。虫剌されの跡を掻き破った箇所から発症することが多い。治療はポピドンヨード消毒、副腎皮質ステロイド外用、抗生物質内服を行う。数の少ないうちに治療を開始できれば軽症のうちに治癒する。
 ②伝染性軟属腫(みずいぼ)
 ③カポジ水痘様発疹症(単純ヘルペス感染症


2)眼

 乳幼児ではまれであるが、年長児・成人ではまれではない。眼周囲のアトピー性皮膚炎病変皮膚に繰り返し加えられる、慢性的な外的刺激にする、掻き破る、たたく)のために生じると考えられる。年長児で顔面、特に眼周囲に病変のある症例では定期的に眼科受診をした方がよい。


アトピー性皮膚炎治療の基本は、皮膚を清潔にするなどのスキンケアである。そして、症状の悪化因子をみつけ、それを徹底的に除去することが大切である。

スキンケア(入浴や衣類の問題、皮膚洗浄、掻破予防、外用薬塗布などの仕方)についてきめ細かい生活指導が必要である。内服薬の服用などと異なり、家庭では充分なケアができていないケースが多い。重症例では、時間をかけて患者指導プログラムを実施することが必要である。

皮膚洗浄は、普通の石鹸(香料や着色料がきつくないもの)でよいので、手の平で泡立ててよく洗う。重症の場合は、タオルなどでこすると皮膚を傷つけて悪化するので気をつける。洗ったあとは充分にすすいでおく。石鹸やシャンプーを使ったあとは皮脂が除かれるので、あとのスキンケアや保湿をはかることが必要である。

日常生活における悪化因子を充分に検討し、その対策を指導しておく。食べこぽれ、よだれ、顔こすり、舌なめずり、砂遊び、ズック靴、残留シャンプーなどが挙げられる。