読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

TSO (Trichuris suis ovaまたはCNDO-201:クローン病治療薬)の臨床試験が中止:CNDO-109(がん治療薬)に活路を見出したいCoronado Biosciences

自己免疫疾患やがんの医薬品開発に焦点を置くCoronado Biosciencesは本日、開発パートナーであるDr. Falk Pharma GmbH (Falk)からある報告を受けたことを発表しました。その内容は、独立データモニタリング委員会(Independent Data Monitoring Committee ;IDMC)が、Falkのフェーズ2臨床試験で12週間にわたり治療を受けた患者240名を対象としたクローン病( Crohn’s disease)の Trichuris suis ova(TSO) 評価データの中間分析( interim analysis )を実施したというものです。

 

「TRUST-I試験から得られたデータが最悪なものだったので、今回の結果にも驚いてはいません。TSOは他の疾患に対して有効である可能性があるので、自己免疫疾患を対象とした開発は続けていき、さらにがん治療薬CNDO-109の開発も継続していきます。」と、Coronado社のCEOを務める Harlan F. Weismanは述べています。

 

TRUST-II 試験としても知られるFalk臨床試験は、活動期クローン病(active Crohn’s disease)患者に対する経口TSOの有効性と安全性を評価するための二重盲検無作為プラセボ対照フェーズ2試験です。中間分析の目的は、サンプルサイズ計算の仮定を検証したり、中間分析のエフェクトサイズ評価に基づいてサンプルサイズを再計算したりして、試験継続の可否を判断することにあります。

 

Coronado Biosciences について

 

Coronado Biosciences は自己免疫疾患に対する生物学的製剤の開発に従事している会社です。臨床開発段階にある2つの主力医薬品候補は、クローン病潰瘍性大腸炎( ulcerative colitis )、多発性硬化症(multiple sclerosis)などの生物学的治療薬 TSO (Trichuris suis ova または CNDO-201)と、ナチュラルキラー細胞を活性化させて急性骨髄性白血病(acute myeloid leukemia )や多発性骨髄腫(multiple myeloma )、固形腫瘍( solid tumors) などを治療する生物学的製剤CNDO-109です。

 

 

Trokendi XRの新しい臨床データ公表:1日1回投与で長時間作用する抗てんかん薬

医薬品に特化した会社であるSupernus Pharmaceuticalsは本日、12月にワシントンDCで開催予定の American Epilepsy Society (AES)会議で新しい臨床データを公表することを発表しました。

 

最初の要約のタイトルを「健常者を対象とした1日1回投与の長期作用型(徐放性)Trokendi XR 対 短時間作用型(即効性)トピラマート(TPM-IR, Topamax(R)));Cognitive Effects of Extended-Release, Once-Daily Trokendi XR(TM) vs b.i.d. Immediate-Release Topiramate (TPM-IR, Topamax(R)) in Healthy Volunteers」とする医学論文が2013年12月7日の会議で提示されます。

 

投与量管理戦略(遅い滴定、低用量)はTPMの忍容性( tolerability )、独特の認知的症状( cognitive symptoms )に影響を及ぼす広域スペクトラムADEを改善させます。

 

RATIONALE:

 

TPM-IR投与を受けている患者ではとくに発話流暢性(verbal fluency)が有意に低下することが、Neuropsychometricテストで明らかになりました。SPN-538 (Trokendi XR, Supernus Pharmaceuticals, Inc.)は、忍容性とアドヒアランスを向上させ得るTPMの長期作用型カプセル製剤(1日1回投与)です。健常者を対象としたクロスオーバー(交差)試験では、1日1回投与のSPN-538と1日2回(b.i.d.)投与のTPM-IRの生物学的同等性(bioequivalence)を調査し、認知機能に対する両治療法の効果を比較しました。

 

METHOD:

 

デザイン:健常者対象の単盲検(Single-blind)無作為交差試験。

 

CONCLUSIONS:

 

COWA変化スコアのパー・プロトコル分析結果(per-protocol analysis )に基づくと、1日1回投与のSPN-538の濃度到達時間(concentration-time )プロファイルは、認知機能テストを実施した際の全標準PKパラメータのTPM-IR 1日2回投与へのPK生物学的同等性、Cavg0-24 (SPN-538, 6.1 ug/mL; TPM-IR, 6.3 ug/mL)、ほぼ同一のTPM平均濃度(5.6 ug/mL)に関係なく、著しく低いネガティブな影響に関連していました。

 

同社はAES会議でTrokendi XR の新データを発表できることに興奮しているでしょう。この医薬品は今年8月に発売され、てんかん患者に対する独特の効果が確認されて市場からポジティブなフィードバックを受けています。

 

Trokendi XR(TM)について

 

Trokendi XR(TM)は、てんかん治療に用いるトピラマート( topiramate )で唯一承認されている長期作用型製剤であり、原発性全身性( primary generalized )かつ強直間代性( tonic-clonic )の発作を呈する10歳以上の患者を対象とした初期単剤療法( initial monotherapy )で用いる抗てんかん薬(antiepileptic drug )です。

 

 

Vizamyl(Flutemetamol 18F):陽電子断層撮影で用いる検査用放射性薬剤

 

Vizamyl(18F-Flutemetamol[フルテメタモール]注入剤)がFDA承認されました。これはアルツハイマー病や認知症(Alzheimer's disease (AD) and dementia)患者の脳のPET(陽電子断層撮影)に用いる検査用放射性薬剤です。

 

認知症は脳の機能低下に関連しており、記憶力や判断力、言語能力、複雑な運動能力(complex motor skills)の低下をもたらします。アルツハイマー病により生じる認知症は、βアミロイドと呼ばれる異常なタンパク質の脳内蓄積、および脳細胞の損傷または死滅に関連しています。しかし、βアミロイドは、神経疾患(neurologic disease)を呈していない他の認知症の高齢患者の脳内でも確認できます。

 

Vizamylはβアミロイドに付着して、(ベータアミロイドの存在を確認するための)脳のPET画像をもたらします。ネガティブなVizamylスキャンは、ベータアミロイドがほとんど蓄積していないか、または存在しないことを意味するため、認知症の原因はアルツハイマー病ではないことになります。ポジティブなVizamylスキャンは、中程度の量から大量のアミロイドが脳内にあることを意味しますが、アルツハイマー病や他の認知症を確定するものではありません。また、Vizamylはアルツハイマー病と認知症の評価で用いられる他の診断テストを代替するものではありません。

 

FDA医薬品評価センター(FDA’s Center for Drug Evaluation and Research)の薬剤評価IV部調査官Shaw Chenは次のように述べています。「記憶や判断などの神経機能の悪化原因を特定するために毎年多くのアメリカ人を診察していますが、今後はアルツハイマー病と診断する可能性が高まるでしょう。Vizamylのような画像診断用薬剤は医師がアルツハイマー病および認知症の患者を評価する上で重要なツールです。」

 

Vizamylは、脳のPETスキャンでベータアミロイドを可視化するための第二の診断用薬です。2012年、FDAアルツハイマーや他の認識低下症の原因を評価するための薬剤としてAmyvid(Florbetapir F 18注入剤)を承認しています。

 

Vizamylの有効性は、384名が参加した2件の臨床試験で確認されました。すべての被験者を対象にVizamylを注射してスキャンしました。スキャン結果の一部は検体での確認も行いました。

 

試験結果により、Vizamyl は脳内βアミロイドを正確に検出することがわかりました。また、スキャンは再現可能であり、その読み取りも正確に行えることが確認されました。また、Vizamylの安全性は被験者761名で確定されました。

 

Vizamyl関連の安全性リスクは、過敏反応( hypersensitivity reactions )や診断画像の誤った解釈、放射線被ばく(radiation exposure)などです。主な副作用は顔面紅潮、頭痛、血圧上昇、吐き気、目まいなどです。

 

 

Gazyva(obinutuzumab)が本日、未治療の慢性リンパ球性白血病(chronic lymphocytic leukemia ;CLL)に対するクロラムブシル(chlorambucil)の併用薬としてFDA承認されました。

 

慢性リンパ球性白血病は、血液と骨髄の病気であり、たいていの場合は徐々に悪化していきます。国立がん研究所(National Cancer Institute)によれば、今年は15,680人の米国人が診断され、4,580人が同疾患により死亡するとされています。

 

Gazyvaは、免疫システム内の特定の細胞が癌細胞を攻撃するのを助けるものです。クロラムブシルや、CLL患者に対する他の治療薬とともに併用されます。

 

Gazyvaは、FDA承認を取得する上で画期的治療法の指定を受けた初の医薬品です。この指定はスポンサーにより要求されたものであり、生物学的製剤申請書( biologic license application)がFDAに提出された直後に認可されました。薬剤が重度または生命を脅かすほどの疾患に対して十分な効果があるということが、予備臨床エビデンス(preliminary clinical evidence)によって明らかである場合、FDAはスポンサーの要求により薬剤を画期的治療法として指定します。

 

また、Gazyvaは重度疾患の治療における安全性または有効性で優れていることから、FDAにより優先審査が認められ、さらに、奇病に対しても有効であることからオーファン・ドラッグ指定も受けました。

 

今日の承認は、CCL患者に対する重要な新しい治療法が生まれたことを示しており、また、Breakthrough Therapy Designation プログラムにおける実績を反映しています。

 

CLLを適応症とするGazyvaの承認は、未治療のCLL患者に対するGazyvaとクロラムブシルの併用投与と、クロラムブシル単独投与を比較した無作為非盲検臨床試験の結果に基づいています。同試験には356名の患者が参加しました。Gazyvaとクロラムブシルの併用投与群では無憎悪生存期間(progression free survival)が有意に改善しました(併用投与群では23か月、クロラムブシル単独投与群では11.1ヵ月)。

 

併用投与群で確認された最も一般的な副作用は「注入に伴う反応( infusion-related reactions)」、つまり好中球減少(neutropenia)、血小板減少(thrombocytopenia)、貧血(anemia)、筋骨格痛(musculoskeletal pain)です。

MitraClip:僧帽弁閉鎖不全症に対する侵襲性の低い(カテーテルを用いた)新治療法を誕生させる

Abbott社は本日、ファースト・イン・クラス( first-in-class)の(カテーテルによる)MitraClip治療のFDA承認を取得したことを発表しました。米国ですぐに発売する予定であり、僧帽弁閉鎖不全症(mitral regurgitation;MR)患者にとっての画期的な治療選択肢を提供します。 MitraClip機器は症候性および退行性の重度MR患者のうち僧帽弁手術(mitral valve surgery)が必要になりそうな者に対して使用されます。退行性MRは、心臓の僧帽弁の解剖学的欠陥(anatomic defect )によって生じるタイプのMRです。僧帽弁手術が必要になるかどうかに関しては、心臓外科チームが手術リスク因子をもとに臨床判断を行います。

 

MRは生命を脅かす進行性疾患であり、僧帽弁の異常が心臓内の血液逆流を生じさせ、最悪の場合は死をもたらします。同疾患では不整脈脳卒中心不全のリスクが高まります。僧帽弁逆流はよく見られる所見であり、400万人以上(75歳以上の10人に1人)のアメリカ人が呈しています。開心(Open heart )を要する僧帽弁手術が標準的な治療法であり、多くの患者が侵襲的処置(invasive procedure)を受けることになります。同疾患に対する薬物療法は、症状管理が精一杯であり、病気の進行を止めることができないのです。

 

「心臓外科医として、我々は技術的に処置できる重度の僧帽弁閉鎖不全症患者に対応していますが、彼らは僧帽弁手術を乗り越えるには体があまりにも衰弱しすぎています。MitraClipシステムがあれば、心臓外科チームはカテーテルを用いた、侵襲性の低い治療選択肢を有することになり、これにより、手術に耐えることができない患者が元の生活を取り戻せるようになります。」と、ダラスのCardiovascular Surgery at Baylor Health Care System のMichael Mack氏は話しています。

 

MitraClip 装置を用いた複数の臨床試験では、良好な安全性プロファイル、つまり僧帽弁逆流の減少と症状の改善、心不全による入院率の低下が確認されました。30か国以上で11,000人以上の患者が、MitraClip機器での治療を受けました。

 

「極度の疲労感や息切れ、脳卒中心不全、および死亡リスクの増加をもたらす、重度かつ進行性の僧帽弁閉鎖不全症に対しては、MitraClipが非常に有効です。2003年にまで遡る臨床データにより、僧帽弁手術を受けられない患者に対してはMitraClipが安全かつ効果的な治療法であり、実際に生活の質の顕著な改善をもたらし、それを維持し続けることがわかりました。私の患者の多くは治療後すぐに退院できました。」と、Abott社の上級副社長Chuck Foltzは述べています。

 

Northera(droxidopa)にFDA承認:起立性低血圧の治療薬

FDAは本日、Northeraカプセル錠(droxidopa)を起立性低血圧(neurogenic orthostatic hypotension )の治療薬として承認しました。同疾患は難治性の慢性疾患であり、パーキンソン病や多系統委縮症(multiple-system atrophy)、および純粋自律神経不全症(pure autonomic failure)にみられる起立時の血圧低下をもたらします。

 

起立性低血圧の症状はめまい、意識朦朧(lightheadedness)、かすみ目(blurred vision)、倦怠感、起立時の失神などです。

 

「起立性低血圧の人々では歩行や起立などの日常的な運動をする能力が極度に制限されています。同疾患の治療オプションには限りがあるので、我々は安全かつ効果的な治療法の確立に努めています」と、FDAの評価研究センター(Center for Drug Evaluation and Research)の Norman Stockbridgeは述べています。

 

FDAは迅速承認プログラム下でNortheraを承認しています。同プログラムでは、良好なアウトカム(慢性疾患の治療中における目まいの緩和)を予測するのに十分な臨床的尺度(この場合、目まいの短期緩和)で、薬剤に効果があるという臨床データに基づき、重篤な疾患を治療するための薬剤の承認を認可します。さらに同プログラム下では、薬剤の臨床的ベネフィットを実証するための承認前の臨床試験段階で、有望な薬剤への患者のアクセスが可能になります。そのため、この承認は慢性疾患の起立性低血圧に対する同薬剤の長期効果に基づくものです。

 

Northeraは(患者が)仰向けになっている時に血圧上昇(仰臥位高血圧;supine hypertension)をもたらすことがあるため、そのリスクを医療従事者や患者に知らせるための枠付きの警告文を掲載します。ちなみに仰臥位高血圧は原発性自律神経障害(primary autonomic failure)の患者に影響を及ぼす一般的な疾患であり、ときに発作をもたらします。この患者は睡眠時に頭と上半身を少し高くしておかなければなりません。治療前と治療中に仰向け時の血圧(Supine blood pressure)をモニターする必要があり、投与量を増加させる際にはモニターの回数も増やす必要があります。

 

Northera投与群で確認された一般的な副作用は頭痛、目まい、吐き気、高血圧、倦怠感です。

 

Northeraの有効性は、規律時低血圧症患者を対象とした2件の臨床試験で2週間を通して明らかになりました。Northera投与群ではプラセボ群と比較して、目まいや頭痛、意識朦朧、失神しそうな感覚の報告数が減少しました。2週間後以降における症状の奏効期間は示されていません。

 

Northeraは難治性疾患の治療薬であることから、FDAからオーファンドラッグ指定を受けました。

 

NortheraはChelsea Therapeuticsにより製造されます。

 

HARMONIC ACEレジスタードマーク+ 7 : 7mmの血管を閉鎖できる初の超音波装置

EthiconはAdvanced Hemostasis Breakthrough技術導入のHARMONIC ACE+ 7 Shears で510(k)クリアランスを取得しました。これはHARMONICの正確性と多機能性(multi-functionality)を維持しながら超音波エネルギーで血管を閉鎖するためのものです。

Ethicon Endo-Surgeryは本日、超音波エネルギーの境界を改善することにより、 HARMONIC ACE+ 7 Shears with Advanced Hemostasis (HARMONIC ACE +7) のFDA510(k) clearance を取得したと発表しました。 HARMONIC ACE+ 7は、7mm以下の血管を閉鎖する初の超音波手術器であり、 HARMONICの正確性と多機能性を維持しながら使用可能です。

「Ethicon社は超音波エネルギーとバイポーラエネルギーの両分野で最先端を走り続けます」

HARMONIC ACE+ 7はHARMONIC技術の進化を示しています。同機器は独自のAdaptive Tissue Technologyを活用しているため、変化する組織状態を感知して適応し、エネルギーを供給して正確性の向上を達成します。

テキサス州ヒューストンのColorectal Surgical Associatesに所属する腹腔鏡結腸手術医Bartley Pickronは次のように述べています。
「HARMONICを使うと正確に切開できるようになります。しかし、大きな血管を閉鎖する場合にはバイポーラエネルギー装置を使います。 HARMONIC ACE+ 7では7mmの血管を閉鎖できるので、腹腔鏡手術では最適なツールです。今までは組織切開でHARMONIC ACEを使用し、大きな血管茎(vascular pedicle)の閉鎖でステープラーやクリップを用いていました。 HARMONIC ACE+7では術中の器具交換を必要としないので手術の効率性がアップします。さらに、複数の手術器具を使用しなくて済むことから、コスト削減にもつながります」

HARMONIC ACE+ 7は、経腸直腸科(Colorectal)、肥満治療科(Bariatric)、婦人科(Gynecology)、胸部外科(Thoracic)や泌尿器科(Urology)などの多くの手術で使用できるよう設計されているため、これを用いた執刀医はさまざまな処置を高い正確性でこなせるようになります。HARMONIC ACE+ 7は、切開やモビリゼーション、大きな血管の閉鎖を必要とする場合に最適です。

Ethicon社Energy Global Strategic Marketing部の Tom O’Brienは、「 最近のENSEAL G2 Articulating組織シーラー導入と、HARMONIC ACE+ 7の(k) clearanceは、各患者のニーズを満たすために医師が最善を尽くせるようにするため、さらに手術アウトカムを改善させるために、意義のある革新的な方法を開発しようという我々の努力の成果です。」と話しています。